積極的な行動で熱い夜を過ごすことができる

昨年からマッチングアプリを利用しています。特に頻繁に稼働しているのが「Tinder」と「ペアーズ」です。なぜマッチングを利用しているかというとマッチングアプリに登録する3日ヶ月前に遠距離をしていた彼女に振られるという事実がありました。その寂しさから自分はマッチングアプリを登録しました。特に社会人になって出会いが少なくなっているのでマッチングアプリで出会いを見つけようと考えました。そして、上記の2つに登録しました。

「Tinder」は、登録する前から会える確率が高いことを知っていましたので利用しようと考えていました。しかし、なかなか勇気が出ませんでした。特に、社会人だからこそ身バレや人に使っていることがバレやすいのではと考えていました。また、「ペアーズ」はお金がかかるが結婚や恋人募集に本気の人が多いことを聞きました。そして、友人にマッチングアプリを活用して彼女を作った友達がいますので友人尋ねることにしました。すると遊びたいなら絶対にティンダーと言っていましたのでティンダーを利用しました。しかし、友人からはティンダーは遊び相手なので自分も遊ばれることも多々あるからペアーズも登録することをお勧めされました。

そして、マッチングアプリに登録して2週間程度経った時に実際に会うことできました。そして、一夜を共にすることができました。そのきっかけは、ティンダーで気になる女性に連絡を取りました。そうすると相手からすぐに返信がありとても会話を弾むことができました。また、相手が看護師ということもあり仕事が忙しく異性と遊ぶことができていないということを知りました。また、休みが不定期で私も不定期に休みなのでとても調整がしやすいこともあり実際に会いたいとなりました。

お互い東京で仕事をしていますが、出身が関西という共通点もあり話が盛り上がりました。関西と東京の違いも話ました。あるあるなど言い合いながら距離を詰めて行きました。そして、ついに仕事終わりに会う約束をすることができました。六本木で集合しレストランに入りました。初めて会ったのにも関わらず、意気投合することが多くありました。また、関西同士等こともありテンポ良く楽しい時間を過ごすことができました。レストランでは気軽に仕事やプライベートについて話しました。しかし、お酒が苦手な相手はあまり飲んでいませんでしたので下ネタなどありませんでした。ただ、自分はもう少し一緒にいたかったので2軒目に誘いました。

お酒を飲まないということでバーはやめてバルに入りました。そして、距離が近くなりボディタッチも増えてきました。そして、私も下心が強くなり髪の毛やほっぺたを触るようになりました。そして、距離が完全縮まったことを確信しホテルに誘いました。そして、ホテルに入るとすぐにキスをしてsexに入りました。3回戦もしました。また、彼女はとてもテクニックがうまく興奮することができました。特にバックが好きでとても喘いでました。その後は、セフレ関係となりました。