Let’s Get Going!

CD / Album

Release : 2014 1.22 / Media : CD / Price : 2,415yen (Tax In) / Label : Playwright

-順不同-
『ありそうで、なかったタイプのジャズコンボ。ステージでのGIGは勿論、DJブースで3人が並び立ってシーケンスやパーカッション、加えてインプロビゼーションを駆使し、デジタルと生音で”魅せる”DJスタイルが完成したら世界に出て行ける。何ならプロデュースしまっせ。』
須永辰緒

『とても日本的で、DJカルチャーならではのアルバムだと思います。ポップ・ミュージックと拮抗し得るアップ・リフティングな感覚は、クロスオーバー・ミュージックのファンにも響くでしょうね。僕の好きなNORMAN CONNERSの曲を選ぶセンスも洒落てます!それにしても、浦風親方の起用には驚きましたよ!!』
沖野修也(KYOTO JAZZ MASSIVE)

『tres-menの3人が紡ぎ出すプリズムの光は、聞く者全てに極上の景色を思い起こさせる。天上から降り注ぐまばゆい太陽のような、心地よい1枚です。』
Watusi (COLDFEET)

『Tres-menニューアルバムリリースおめでとうございます!前作に続くセンスの良いチョイスでのカヴァー、そしてオリジナル曲を含めた更に進化を遂げたサウンドは、今やダンスミュージックの枠を超えポップ・フィールドにもアプローチ可能なTres-manサウンドの方向性を示す素晴らしい内容になったと思います。関西でのフルライブ・セットにも期待してます!』
沖野好洋(Kyoto Jazz Massive)

『やばいな、コレ。キラーばかりじゃん。こういう名盤をポンポン出されると困るのよねー。焦っちゃうじゃん。』
中塚武

『僕ら世代のDJには義務がある。先輩DJたちが必死に掘ってきた、世界中のあらゆる音源を維持し、広め、そして伝えていく事。必要であれば、今の時代に則したやり方で再構築し、提案する。そしてオリジナルへの回顧を促す。そしてそれは、バンド”Tres-Men”としての責任であり役割であり、存在意義である。2枚目のアルバムをリリースしたTres-Menは、なお一層、その責を担うバンドとしてのアイデンティティーが強まったみたいだね。あれ?これは彼らの最初のアルバムリリースの時に書いたコメントと同じかい?にしてもあの人の起用はずるいでしょう。Coke Escovadoのあの名曲で!ライブを楽しみにしてるよ。』
社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

今年の4月に店舗限定で発売されたCDがFM/TVでの多数オンエアとタイアップ、そして国内外のDJ達にスピンされ、ジャズ / クロスオーヴァー界に大旋風を巻き起こしたTres-men( トレメン )!!“往年のクラブアンセムへのオマージュ”をテーマに、今回もセンス溢れるカバー曲をチョイス。さらに注目すべきは、待ちに待った3曲のオリジナル曲!!初の全国流通版として文句なしの内容。そして今回もTOKU、ナガシマトモコ (orange pekoe)、arvin homa aya、Fire Lily、浦風親方 a.k.a DJ 敷島、と豪華ゲストを迎え次世代のダンスス ミュージックを追及する!!

Tretinoin cream buy online Purchase vibramycin Differin buy Buy divalproex sodium Cheap clarinex Ventolin inhaler online no prescription